20年の税収、前年比3.7%増の29億米ドル

カンボジア財務経済省傘下の租税総局(GDT)によると、2020年の税収は28億7,000万米ドル(約2,972億円)だった。前年を3.7%上回った。プノンペン・ポスト(電子版)が12日伝えた。 オウン・ポンモニラット財務経済相は「新型コロナウイルス感染症の流行にもかかわらず、徴税手…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フン・セン氏ワクチン接種、中国製は回避(03/05)

クラスター拡大、南部への移動禁止(03/05)

EU、21~27年経済開発に5.1億ドル支援へ(03/05)

シアヌークビル不動産市場、コロナ禍で低迷(03/05)

カンボジア政府、物流YCHに施設開発発注(03/05)

神鋼環境、浄水設備普及で工業省と覚書締結(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン