• 印刷する

国家技術革新の要衝、ハノイ西部で着工

ベトナムの首都ハノイ市西部で9日、技術革新の推進を担う「国家イノベーションセンター(NIC)」の施設が着工した。式典に参加したグエン・スアン・フック首相は「技術開発が『中進国のわな』回避に向けたかぎになる」と指摘。合わせて9~10日に開催された技術展「ベトナム国際イノベーションエキスポ」には企業や大学などの関係者約1万人が集った。

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は技術革新の必要性を訴えた=9日、ハノイ

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は技術革新の必要性を訴えた=9日、ハノイ

フック首相は式典で、「長期的な生産性と効率性の向上、経済発展、競争力の強化に向け、技術革新が重要なけん引役となる」と話した。ベトナムは、2045年までに先進国の仲間入りする目標を掲げている。外資企業と協力し、第4次産業革命(インダストリー4.0)を推進することで「中進国のわな」を回避する考えだ。

国家イノベーションセンターは、計画投資省が管轄し、最初の施設はハノイ中心部から西に約30キロ地点にあるタイックタット郡ホアラック・ハイテクパーク(HHTP)内に開発する。企業などが利用可能なエリアの面積は計3万5,000平方メートル。

フック首相は2年前に同機関の発足を決定し、昨年8月21日付の政令94号(94/2020/ND―CP、同年10月5日発効)では、センターを活用するスタートアップ企業への優遇制度などを規定していた。

フック首相は、ベトナムの科学技術への投資額は対国内総生産(GDP)比で0.44%にとどまり、世界平均の2.23%と比べて低いと訴えた。アジアの中国やインド、タイ、マレーシア、シンガポールなどに技術革新で後れを取る中、政府が投資環境の改善に向けた規定や優遇策を整備することで巻き返していく方針だ。

■ロボットや5G技術、各社が展示

国家イノベーションセンターの施設の着工に合わせて開催された技術展には、国内外から156社がブースを設けた。このうち、国内企業が113社、海外企業が22社、大学などの研究機関が21団体。大手の通信会社や銀行、ITベンダー、電力会社、化学メーカーのほか、農業や医療などのスタートアップ企業などが参加した。

ロボット開発などを手掛ける地場のALITITOは、サービス支援ロボットのデモ機を展示した。ロボットは、人がどこにいるかを感知して目の前に移動し、来場者にパンフレットを配った。

軍隊通信グループ(ベトテル)は、傘下企業が手掛ける第5世代(5G)移動通信システム構築に必要な無線技術などを紹介した。ベトナムでは、通信各社が5Gの本格的な導入に向けた試験を実施している。端末では、コングロマリット(複合企業)のベトナム投資グループ(ビングループ)が昨年7月、子会社のビンスマートが同国で初めて5Gモデルの開発に成功したと発表していた。「アリス(Aris)」シリーズのうち、米国に5Gモデルを売り込もうとしている。

■未来の科学技術都市、日本が協力

技術展に展示されたサービス支援ロボットのデモ機=9日、ハノイ

技術展に展示されたサービス支援ロボットのデモ機=9日、ハノイ

国家イノベーションセンターの施設が建設されるホアラック・ハイテクパークは、土地面積1,586ヘクタールをカバーする科学技術都市となる構想だ。123.53ヘクタールの教育トレーニングエリア、263.15ヘクタールの研究開発(R&D)エリアなどを開発し、30年までに22万9,000人規模の都市とすることを目指す。

基礎インフラの開発に向けては、国際協力機構(JICA)が12年に約152億円、17年に約129億円の円借款契約を締結していた。IT最大手FPTが手掛けるFPT大学のキャンパスやソフトウエア開発拠点などが既に操業している。

ホアラック・ハイテクパークに呼び込む投資優先分野は◇情報通信技術◇バイオテクノロジー◇新素材技術◇自動化技術――の4分野とされている。ホアラック地区では今後、大学の集積も進み、入居企業の人材の確保に寄与する見込みだ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

越にワクチン支援、10月にも100万回分(16:38)

マサン、新興通信会社を買収 傘下事業と結合、デジタル化へ(09/23)

市中感染1.2万人増、4波累計71.4万人(09/23)

社会隔離緩和の機運、南部で正常化宣言も(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

企業の自前ワクチン購入に法的根拠、政府(09/23)

ベトナム向けワクチン追加供与を、米商議所(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン