• 印刷する

国道3号線改修工事、9月に完了の見通し

カンボジアのスン・チャントル公共事業・運輸相は4日、国道3号線の改修工事が9月までに完了するとの見通しを示した。2022年の完工を予定していたが、大幅に早まることになる。クメール・タイムズ(電子版)が5日に伝えた。

国道3号線は首都プノンペンと南部カンポット州を結んでいる。改修工事区間は134.796キロメートル。18年5月7日に着工した。

4日に現地を視察した同相は、改修工事の進捗(しんちょく)率が現時点で9割に達していると説明。向こう9カ月での全面的な完工が可能との見通しを明らかにした。

3号線改修工事の事業費は約2億2,200万米ドル(約228億円)。中国政府系の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程(CRBC)が出資している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

クラスター拡大、封鎖前の準備必要(02/25)

所得税の確定申告、来月から電子化へ(02/25)

シアヌークビルで住宅開発、1億米ドル規模(02/25)

日本和装、地域統括拠点を設立(02/25)

首相「これまでで最悪」、クラスター発生で(02/24)

米ウィンダム進出、シアヌークビルにホテル(02/24)

対中輸出、20年は8%増の11億米ドル(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン