中国系組織培養バナナ農園が撤退、カチン州

ミャンマー北部カチン州で、組織培養バナナ農園を運営する中国企業3社が撤退するもようだ。新型コロナウイルス感染症拡大による移動規制や輸送障害などで、赤字経営が続いているため。イレブン電子版が22日伝えた。 同州の農作物生産者協会によると、3社は18日にカチン州での組…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンでのデモ制圧強化、拘束者多数(14:12)

デモ取材の日本人ジャーナリスト、一時拘束(13:11)

世銀、ミャンマーへの資金拠出を停止(11:13)

国連大使、特別会合で「国軍の罪」強く非難(10:47)

総選挙の結果は無効、選管が各党に説明(02/26)

新選管、NLD議員の活動に法的措置へ(02/26)

コロナ集会上限が緩和、実質的変化は限定か(02/26)

国際空港での出入国カード、3月から復活(02/26)

マンダレーのデモでの死者、4人に=地元紙(02/26)

スー・チー氏と未だ面会できず=弁護士(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン