• 印刷する

日本政府、コロナ対策の医療機材を引き渡し

日本政府は22日、新型コロナウイルス感染症対策に使う移動式X線装置など医療機材一式をミャンマー政府に引き渡した。総額20億円の無償資金協力を通じた医療機材供与の2回目となる。

引き渡した機材は、移動式X線装置10台と、静脈注射を行う際に使うシリンジポンプ100台、痰(たん)などの吸引に使うサクションポンプ100台。

支援は、医療システムが脆弱(ぜいじゃく)な後発新興国のミャンマー、カンボジア、ラオスへの合計55億円の無償資金協力の一環。うちミャンマー分は20億円で、8月に第1回目として、集中治療室(ICU)用のベッド、シリンジポンプなどを引き渡していた。

日本政府が無償で供与する機材は、ミャンマーの病院や研究施設で使用される。政府は2021年1月以降、ICUベッドや、モニターなどの機材を順次引き渡す予定としている。

日本政府はミャンマー政府に、新型コロナ対策のための医療機材を引き渡した(在ミャンマー日本大使館提供)

日本政府はミャンマー政府に、新型コロナ対策のための医療機材を引き渡した(在ミャンマー日本大使館提供)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

実力行使と暴力非難、日本が外務報道官談話(11:28)

米政府が追加制裁を準備、デモ弾圧受け(09:24)

クーデター後で犠牲者最多 18人以上か、市民の抗議続く(03/01)

SNS駆使、弾圧に若者「諦めない」(03/01)

市民の抗議運動、予想以上=京都大の中西氏(03/01)

国軍当局、クーデター批判の国連大使を解任(03/01)

国連大使解任、「強力措置」機運乏しく(03/01)

ミャンマー工場稼働に遅れ、トヨタ(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン