• 印刷する

プノンペンSEZ、レンタル倉庫・工場新設

プノンペンSEZで21日、レンタル倉庫の着工式が開かれた(PPSP提供)

プノンペンSEZで21日、レンタル倉庫の着工式が開かれた(PPSP提供)

カンボジアの経済特区(SEZ)運営大手プノンペン経済特区社(PPSP)はこのほど、子会社のサハス・プロパティーズを通じ、プノンペンSEZ内に新たなレンタル倉庫を建設すると発表した。入居企業の生産拡張が見込めることから、倉庫需要が拡大すると判断した。同SEZでは12月、18軒目となるレンタル工場も完工した。

PPSPの上松裕士・最高経営責任者(CEO)がNNAに明らかにしたところによると、倉庫の敷地面積は1万2,325平方メートル、建屋の床面積は5,850平方メートル。21日に着工式を開催した。2021年6月の完工を予定する。投資額は約150万米ドル(約1億5,500万円)。

SEZに入居する企業が使う部品を保管する倉庫として利用する。冷房対応で、コンテナトラック用スロープデッキを設置する。

一方、新たに完成したレンタル工場は、4区画で床面積が7,490平方メートル。投資額は約100万米ドル。電子・電気機器向けのプラスチック部品を製造する中国企業、光ファイバーなどを生産する香港企業の2社が入居しており、3区画が埋まった。

新型コロナウイルス感染症の流行を背景に、製造業で生産減少や雇用縮小などの影響が出た中、上松CEOは「プノンペンSEZの入居企業も影響を受けたが、ほとんどの企業は以前と同様に事業を行い、中には事業を拡大するケースもあった」とコメント。今後も需要に応じて、新しいレンタル倉庫、レンタル工場の建設を進めていく計画という。

PPSPは06年設立。プノンペンSEZ内には、日系や中国系の企業など93社が操業、7社が操業準備をしている。同SEZ内での総被雇用者数は11月末時点で2万6,000人。1月の2万1,000人から5,000人増えた。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首相と越外相が会談、両国関係強化で合意(01/24)

証取所の新たな取り組み、中小上場に焦点(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

資金洗浄対策部会、法務省に設置(01/24)

「テロリスト」と和平協議しない=総司令官(01/24)

観光協力に関する覚書、インドネシアと締結(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

縫製労働者への政府休業手当、今月から停止(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン