• 印刷する

手袋スーパーマックス、米国に製造子会社

マレーシアのゴム手袋製造大手、スーパーマックス・コーポレーションは21日、米デラウエア州に完全子会社マクスター・ヘルスケアを設立したと発表した。米国での地域本社と位置付け、医療用手袋やその他の個人防護具(PPE)を生産する計画だ。同社にとって海外初の医療用手袋工場となる。

資本金は1億米ドル(約103億円)まで増資する。当初の払込資本金は、医療用手袋の第18工場に対する設備投資5億5,000万米ドルの一部を充てる。資金は手持ち資金と銀行借り入れで賄う。

スーパーマックスは今後の需要増を見据え、13億9,000万リンギ(約354億円)を投じ、2022年までにゴム手袋工場を国内5カ所に建設する計画だ。年産能力を現行の261億7,000万枚から484億2,000万枚に引き上げる。


関連国・地域: マレーシア米国
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

内国歳入庁、5日から通常体制で業務再開(12:38)

隣国から電力輸入、試験事業の公募開始(18:01)

首都圏など条件付き制限令に きょうから移行、出社上限は維持(03/05)

新規感染2063人、4日ぶり2千人台(03/05)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(4日)(03/05)

政策金利1.75%で据え置き、4会合連続(03/05)

プロドゥアの小型SUV発売、月3千台目標(03/05)

エンジニアリングのセルバ、宇宙庁と提携(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン