意外に快適な14日間の隔離 不安な気持ちで日本から入国も

新型コロナウイルスの感染が首都圏で急拡大していたマレーシアに11月下旬、入国した。渡航直前に導入された新システムでは、監獄のような隔離施設の写真を見て絶望。搭乗する予定だった飛行機が直前に欠航になるハプニングに見舞われながらも、何とか入国した。不安が大きかった日…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで新型コロナ…(03/04)

英ワクチンは4~6月供給へ 接種計画には民間病院から異論も(03/04)

商用目的の入国申請、専用サイトを開設(03/04)

KL―ス州間の移動可能に、5日から制限緩和(03/04)

RM1=26.4円、$1=4.05RM(3日)(03/04)

環境省、放置車両などの処理施設を試験導入(03/04)

テナガ、シンガポール企業と再エネで提携(03/04)

玖龍紙業、工場新設など54億リンギ投資(03/04)

韓国と東南アのコンテナ量、1月は6%増(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン