• 印刷する

ミスド、FCのトライアル契約を導入

ダスキンが展開するミスタードーナツが、フィリピンでフランチャイズ(FC)のトライアル契約を導入する。新型コロナウイルスの感染拡大でリスク回避の動きが広がる中、加盟希望者は少ない初期費用でミスド事業に参入できる。21日付トリビューンが伝えた。

ミスドFC管理部の責任者、チェリル・カリーノ氏によると、トライアル期間は90日間。必要な資金は10万ペソ(約21万円)で、レンタル設備や器物、制服の費用、保証金などが含まれる。

トライアルの希望者は、申し込みに際して最低でも4平方メートルの出店スペースを確保する必要がある。トライアル終了後に採算性があると本部に判断された場合は、ミスドの通常店舗として営業可能だ。場所が出店に適さないと判断された場合でも、加盟希望者は別の場所で再びトライアルを実施できる。

ミスドのFC加盟にかかる費用は通常、店舗の形態に応じて28万5,000ペソ~240万ペソという。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

水際強化、PCR陰性証明義務付け(12/03)

新型コロナ、新たに544人感染(12/03)

新型コロナ、新たに517人感染(21:04)

日本の牛丼、比市場攻略へ 価格訴求高く、制限緩和にも期待(12/03)

成人への追加接種、3日から開始(12/03)

新型コロナ、新たに564人感染(12/03)

主要インフラ事業、現政権下での完了は18件(12/03)

南北通勤鉄道、来年に一部完工見通し(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン