• 印刷する

ユニクロが郊外型店舗、東南アで3カ国目

店頭に駐車場を備えた、ユニクロ・マレーシア初の郊外型ロードサイド店舗=16日、スランゴール州(NNA撮影)

店頭に駐車場を備えた、ユニクロ・マレーシア初の郊外型ロードサイド店舗=16日、スランゴール州(NNA撮影)

ファーストリテイリングのマレーシア現地法人ユニクロ・マレーシアはきょう18日、同国進出10周年に合わせスランゴール州で国内初の郊外型ロードサイド店舗を開業する。同形態の出店は東南アジアでタイ、フィリピンに次ぐ3カ国目。

新店舗は、スランゴール州バンダルスリダマンサラの「DAスクエア@ダマンサラアベニュー」に位置する。店舗面積は1万5,100平方フィート(約1,402平方メートル)で、家族連れなどが来店しやすいように、敷地内に駐車場を完備した。

新店舗では、機能性商品「エアリズム」の寝具を取り扱うほか、国内2店舗目となるTシャツやバッグのカスタマイズが可能な「UTme!」コーナーを設けた。また、衣服のリサイクル活動も推進する。

18~20日の3日間は、開店記念として先着500人ずつに景品を配布するほか、200リンギ(約5,100円)以上の購入者に限定トートバッグをプレゼントする。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン