【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを

新型コロナウイルスの影響がまだ強く残る2021年は、日系企業のシンガポールへの新規進出はあまり見込めなさそうだ。一方で、現地スタートアップとの協業や投資を考える企業にとっては、移動制限が継続する中、足元のシンガポールでの事業機会を見直す良い機会となりそうだ。日本貿…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隔離なしで当地に入国で…(11/30)

第一三共、医薬品開発で子会社設立(11/30)

隣国と隔離なしの往来開始 イスマイルサブリ首相が公式訪問(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

SLNGと英社、液化CO2技術開発で提携(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

英コンサル会社、現地同業買収でアジア強化(11/30)

陸運大手、中国でコンクリート輸送事業(11/30)

OCBC永亨銀、来年にダブルペイ廃止(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン