【BCG経済】大気社、植物工場で商機模索 野菜を試験栽培、販路開拓進める

タイ政府が新型コロナウイルスの影響を受けた経済の復興を目的に考案した「BCG(バイオ・循環型・グリーン)経済」において、投資を誘致している事業の1つが植物工場だ。日系企業では空調・給排水・排気装置などの設備工事を手掛ける大気社が、完全人工光型植物工場の海外展開…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 農林・水産その他製造IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソン・ガンホ主演の「タ…(04/20)

【高齢化の諸相】優秀な人材の離職を未然防止 パソナ現法、社員意識調査ツール(04/20)

市中感染1384人、死者3人(19日)(04/20)

スタディスト、テマセク系などから資金調達(04/20)

車部品輸出、今年は200億ドル超=協会予測(04/20)

工業団地の販売・リース面積、上期は66%減(04/20)

タイポリコンズ、商業施設と学生寮を受注(04/20)

首都のオフィス供給、昨年末から0.2%増(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン