ソーラーフィリピン、来年4州で発電所着工

フィリピンの太陽光発電大手ソーラー・フィリピンは9日、2021年にルソン島の少なくとも4州で太陽光発電所を着工すると明らかにした。10日付マニラブレティンなどが伝えた。 現時点で建設が計画されているのはバタンガス州、カビテ州、ヌエバエシハ州、タルラック州の4州。総発…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに1万1681人感染(23:19)

新型コロナ、新たに9216人感染(04/08)

新型コロナ、新たに1万2225人感染(04/10)

新型コロナ、新たに1万2674人感染(04/10)

アジア日系企業、コロナで福利厚生強化(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン