GoTo利用者に発症2倍、東大チーム初調査

【共同】政府の観光支援事業「Go To トラベル」の利用者の方が、利用しなかった人よりも多く新型コロナウイルス感染を疑わせる症状を経験したとの調査結果を東大などの研究チームが7日、公表した。PCR検査による確定診断とは異なるが、嗅覚・味覚の異常などを訴えた人の…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品観光


その他記事

すべての文頭を開く

日系企業の工場停止相次ぐ、都市封鎖で(04/22)

コロナで窮地、宅配で道開く 外食動画サイト開業の森さん(04/22)

【ウィズコロナ】アユタヤ銀が日本でQR決済 訪日客の回復見据え、非接触型で(04/22)

鉄道事業に7千億ペソ 回復の起爆剤に、ODAも活用(04/22)

電動バスで世界一目指す、米大統領が中国逆転に意欲(04/22)

農村で牛糞から電力生成 アイシン、発電システム提供へ(04/22)

日系企業の景況感、大幅改善 往来制限の長期化には懸念(04/22)

トール、豪事業売却を正式発表 地場アレグロに780万豪ドルで(04/22)

海上脱炭素化センター設立へ、日系も参画(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン