戦闘地域の選挙実施は試金石、和平で笹川氏

【ヤンゴン共同】ミャンマー国民和解担当の日本政府代表を務める笹川陽平・日本財団会長は3日、国軍と武装勢力の戦闘が続く西部ラカイン州での選挙の早期実施は「大きな好機で、和平推進の試金石になる」と述べた。 最大都市ヤンゴンで共同通信の取材に応じた。同日会談したアウン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

〔寄り道〕政府が連日発表する新型コロナウイルスの…(01/22)

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減(01/22)

新規のコロナ感染確認、478人=20日夜(01/22)

マンダレーの農産取引所、4カ月ぶり再開(01/22)

オンライン輸出入許可、汚職撲滅にも貢献(01/22)

首都に農業マーケティング施設、韓国が支援(01/22)

ヤンゴン初の水上マーケットを開設へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン