• 印刷する

ビールのシンハ、新製品「ナンバー8」拡販

タイのビール大手シンハ・コーポレーションは、年末の書き入れ時に向けて新製品「レオ・ナンバー8」の販促を強化している。今年のタイのビール市場は前年並みもしくは微増になると予測した。プラチャーチャート・トゥラキットの最新号が報じた。

シンハは10月、販売が伸び悩んでいたラガービール「Uビール」の生産を停止し、主力の低価格ビール「レオ」の新製品「レオ・ナンバー8」を投入した。缶入り(490ミリリットル)と瓶入り(620ミリリットル)を中部や北部を中心に拡販する。

タイのビール市場は、新型コロナウイルス感染症が流行した上半期(1~6月)には落ち込んだものの、7月以降は持ち直して前年並みを確保できる見通しとなった。

■タイビバも新製品計画

ビール業界の情報筋によると、レオの競合ブランド「ビア・チャーン(ゾウ・ビール)」を販売するタイ・ビバレッジは、コーヒー風味のビールの新製品の開発も進めているもようだ。現時点では、レオ・ナンバー8にシェアを奪われないようパブやレストランなどで販路の取り込みを強化している。

タイ財務省物品税局によると、4~6月のビール税収入は、新型コロナの流行を受けた酒類の販売禁止措置などにより、前年同月比でそれぞれ13.0%、99.6%、99.2%のマイナスとなった。しかし、新型コロナが収束に向かった7月は反動で83.9%のプラスとなった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの第2波を受…(01/25)

交通事故死、1割減の1.6万人 コロナ外出制限で低減も解除後増(01/25)

20年輸出額6%減、12月は8カ月ぶりプラス(01/25)

市中感染191人、1人死亡(24日)(01/25)

市中感染180人、北部で死者1人(23日)(01/25)

市中感染297人、7割が疫学調査で判明(22日)(01/25)

プーケット、5県除き14日間の隔離を免除(01/25)

英アストラゼネカ製ワクチン、FDAが承認(01/25)

「SR400」生産終了へ、ヤマハ発の人気バイク(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン