• 印刷する

《日系進出》クオンが現法設立、海外3カ国目

キャラクター・コンテンツ事業のクオン(東京都新宿区)は2日、ベトナム・ホーチミン市に現地法人クオンベトナムを設立したと発表した。海外法人の設立は、タイ、中国に続く3カ国目。東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でベトナムはオリジナルキャラクターのダウンロード数が最も多く、域内事業の強化を図る。

クオンベトナムは11月24日に設立した。資本金は600万円。同国で、クオンや顧客のキャラクターの活用やマーケティングサービスの提供を担う。

同国では、無料メッセージアプリ「ザロ」と2015年12月に提携し、同アプリなどを通じてスタンプ配信などを手掛けてきた。ベトナムのダウンロード数は累計4億9,000万件で、ASEAN最多となっている。

クオンベトナムは、若いデジタル世代をターゲットに、キャラクターを用いた交流サイト(SNS)マーケティングやグッズ販売、ライセンス事業などを手掛けていく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

クアンビン省、企業誘致を強化 FLCは観光開発に20兆ドン投資(01/25)

ビンファスト、高級と廉価版のEバイク投入(01/25)

ビンファストがEV3モデル発表、今年投入(01/25)

越のビンG、LGスマホ工場の買収検討か(01/25)

ラックフエン港の2埠頭建設、計投省が支持(01/25)

ビナサンタクシー、20年は初の通年赤字(01/25)

HCM市、カンゾー郡に電気バス路線提案(01/25)

バックライト2社、域内外で生産能力を増強(01/25)

不正入国で510人逮捕、中国人が65%(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン