• 印刷する

テイクオフ:野焼きでも始まったのか…

野焼きでも始まったのかと映像を見ていたら、クリスマスツリーが燃えていた。商業施設内に飾られた装飾もきれいなその木は、数十秒間にわたり煙を上げ、完全に焼けて倒れた。不幸中の幸いか、外出・移動制限措置の影響で施設内に人は少なく、負傷者はいなかったようだ。

クリスマスを迎える12月に入り、どこの商業施設も昨年と遜色ない飾り付けが施され、年末の雰囲気を伝えている。例年のこの時期は人であふれかえるが、寂しそうにポツンと立つツリーにも趣がある。新型コロナウイルスだからこそ、人混みはなくとも、負けない力を示そうという意図があるのかもしれない。

そう考えると、燃えたツリーに対する感情も複雑になる。今年は「コロナ」の一言で一年が終わりそうだ。せめて、クリスマス期間だけでも、ブルーやグリーンの電飾が華やいでいてほしい。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国禁止措置、外交官など対象外に(01/22)

英国変異種、新たに16人感染(01/23)

外出制限の緩和地域、年齢制限引き下げ(01/22)

コロナ感染新たに2178人、計50万9887人(01/23)

日産、3月で現地生産終了 世界的な体制見直し、販売は継続(01/22)

コロナ感染新たに1783人、計50万7717人(01/22)

ケソン市、6カ所で外出制限強化(01/22)

フィリンベスト、REIT上場で取締役承認(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン