• 印刷する

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…

インドシナ戦争を追ったピュリツァー賞カメラマン、沢田教一氏がカンボジアで射殺されて50年。関連する本を読み返し、ドキュメンタリー映画を見た。

受賞作を超える写真を求め、より危険にのめり込むうち、命は突然絶たれた。改めて驚くのは、当時の風景と、道路も街も整備が進んだ現在のインドシナとの落差だ。銃撃現場は、今は普通の幹線道路。戦争が生んだ不条理な死というほかない。

作家、三島由紀夫の割腹自殺も50年前。こちらは憂国の思想と美意識に基づく計画的な死だったが、彼が小説「暁の寺」の舞台としたタイも、ここ半世紀の変貌は著しい。三島は書いた。「芸術は巨大な夕焼けだ」「何が始まったのか。何も始まらない。ただ終わるだけ」。自死が与えるはずの衝撃も、時が過去に押し流すと覚悟していただろう。二人が世に残したものを、忘れずにいたい。(範)


関連国・地域: タイベトナムカンボジア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイデン氏が初日に大転換、17文書署名(01/22)

WHO会合で残留宣言、ワクチン枠組み参加へ(01/22)

GAFA、米新政権に協調(01/22)

日産の英工場一部停止、部品供給遅れ(01/22)

ダイハツHVに再参入へ、10年ぶり脱炭素対応(01/22)

「SR400」生産終了へ、ヤマハ発の人気バイク(01/22)

工作機械受注9018億円、10年ぶり1兆円割れ(01/22)

物価4年ぶりマイナス、コロナで0.2%下落(01/22)

ワクチン保冷器開発、零下70度18日間維持=パナ(01/23)

「五輪中止の結論」と英紙、与党幹部「絶望的」(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン