米GDP改定値33.1%増、7~9月期は戦後最大

【ワシントン共同】米商務省が25日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、年率換算で前期比33.1%増となった。速報値と同じだった。伸び幅は比較可能な1947年以降で最大。新型コロナウイルスの拡大を防ぐための制限措置が夏に緩和されたため、3四…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

20年は史上最も暑い年に、世界平均気温(01/15)

マック30年でロシア極東に、ウラジオストク1号店(08:33)

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

テイクオフ:父が他界した後、実家の…(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン