公共機関で職員に議決権、改革に遅れも

文在寅(ムン・ジェイン)大統領直属の機関である経済社会労働委員会は25日、公共機関で職員代表が取締役会の議決権を有する「公共機関労働理事制」の導入案をまとめた。同制度の導入は、文大統領の大統領選公約の一つ。ただ、労働組合の影響力が強まることで、公共機関の改革が遅…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者497人、2日ぶり500人以下(19:52)

ネペス、次世代パッケージ技術を公開(16:53)

現代自の新EV、サムスンが有機EL供給か(16:55)

現代グロービスが欧州拠点、航空輸送強化(16:55)

テイクオフ:ソウル市の中心部を流れ…(01/28)

現代自の4Q営業益4割増 回復基調鮮明、今年はEVに注力(01/28)

起亜の4Q営業益2.2倍に、SUVの好調で(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン