• 印刷する

テイクオフ:コロナ対策の行動制限が…

コロナ対策の行動制限が緩和され、ジャカルタでは結婚披露宴が式場の収容可能人数の25%または100人以下に制限して開かれるようになった。しかしインドネシアの披露宴は数百人を招待するのが慣例。友人は知恵を絞り、自宅でパーティーを開くことに決めた。

披露宴には、親族や近しい友人など100人を厳選して招待。それ以外の招待客は、新郎新婦の実家に呼ぼうというわけだ。まず朝9時から正午まで結婚式場を借りて披露宴。午後2時から夕方6時までは新婦の実家で250人を招待した。翌日は新郎の実家に招待客が300人近くやって来た。

自宅のパーティー会場には、招待客が混み合うだけでなく、マスクをあごにかけていたり、対人距離を保たずに飲食を楽しむ姿もちらほら。「もし感染したらどうするの?」との問いに返ってきた答えは、「健康を祈るしかないね」だった。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ターミナル運営社、立体駐車場の建設見送り(16:56)

2030年にLPG輸入ゼロへ=エネルギー省(16:13)

テイクオフ:高層ビルが建ち並ぶジャ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

20年の二輪車販売は366万台 前年比44%減、03年来の低水準(01/21)

ジャワとバリでの行動規制、2週間延長方針(01/21)

民間でのワクチン接種、経済界から要望の声(01/21)

西ジャワ州の地域最低賃金、4自治体で変更(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン