首都市場に監視カメラ、100台以上設置へ

マレーシアのクアラルンプール市は、スラヤン卸売市場(クアラルンプール卸売市場)とその周辺に監視カメラ(CCTV)100台以上を設置する計画だ。国営ベルナマ通信が伝えた。 アヌアル・ムサ連邦直轄区相は「場外や歩道で不法移民が行う商売が交通の妨げになっている。設置する…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

空港MAHB、今年の設備投資は4億リンギ(16:19)

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験(15:09)

テイクオフ:週末の朝のまどろみを破…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

政策金利、1.75%に据え置き 厳格な制限令の影響短期的と判断(01/21)

新規感染4008人、4日ぶり4千人超(01/21)

RM1=25.7円、$1=4.05RM(20日)(01/21)

アイスタイル、子会社譲渡でマレーシア撤退(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン