• 印刷する

半導体4社が大規模人材募集へ、争奪戦も

台湾の半導体関連大手4社は2021年、大規模な人材募集を行う見通しだ。第5世代(5G)移動通信システムや人工知能(AI)などの発展に伴い、半導体の需要が急拡大していることに対応する。各社間の人材争奪戦も予想されている。24日付経済日報などが伝えた。

半導体封止・検査事業を手掛ける持ち株会社の日月光投資控股(ASEテクノロジー・ホールディング)は、高雄市の工場でエンジニアや幹部候補など3,000人以上を募集する計画。日月光は「21年も5Gやノートパソコン、タブレット端末、ネットワーク設備の需要が引き続き旺盛になるとみられる。生産能力の増強には最適な時期で、大規模な増員が必要」と説明した。

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、21年の募集規模を明らかにしていない。ただ生産能力の増強を積極化していることから、今年の8,000人規模と同水準かそれ以上になるとの見方もある。

フラッシュメモリーコントローラーIC大手の群聯電子(ファイソン)は、採用人数に上限を設けずに募集を掛ける。主に研究開発(R&D)人材を呼び込む。

潘健成董事長によると、ゲーム機やサーバー、ノートパソコン、スマートフォンなどのメーカーとの提携案件が多く、現在の人員数ではさばききれない状態という。群聯の従業員数は約2,200人で、このうち台湾のR&D人員は1,550人余り。

モバイル端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)は、今年と同様に1,000人以上の募集を予定している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

公共事業の民間誘致、20年契約額は10年最多(18:17)

新型コロナ、1人の域内感染を確認(15:44)

テイクオフ:春節(旧正月)を来月に…(01/20)

鴻海がベトナム投資加速 今年7億米ドルか、リスク分散へ(01/20)

通信3社、マザーボードなどを相次ぎ値上げ(01/20)

中華電信、亜洲新湾区の通信網整備に3億元(01/20)

信邦電子、21年売上高は過去最高も(01/20)

中天生技、海外事業の展開を今年加速へ(01/20)

西勝国際、電動二輪車の品睿緑能科技に出資(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン