• 印刷する

トップグローブ、工場停止で売上高3%減

ゴム手袋製造・販売の世界最大手であるマレーシアのトップグローブ・コーポレーションは24日、スランゴール州クランにある工場28カ所の操業を一時停止することで、2021年度(20年9月~21年8月)の売上高に3%の影響を与えるとの見通しを発表した。工場停止に伴い、一部の納品は2~4週間遅れる見込みという。

トップグローブは、外国人労働者向けの寮で新型コロナウイルス感染症の大規模なクラスター(感染者集団)「テラタイ」が発生したことを受け、クランの生産施設28カ所の操業を段階的に停止する。一時停止は17日に始め、24日時点で16カ所を停止し、残る12カ所は生産能力を大幅に下回る状況で操業している。

同社が国内に構える41カ所の工場のうち7割弱が一時的に操業を停止することになる。24日付スター(電子版)によると、投資銀行Amインベストメント・バンク傘下のAmリサーチは、28カ所のうち20カ所がゴム手袋の工場で、年産能力は計450億枚と指摘している。

トップグローブは「顧客への影響を最小化するため、受注分の生産をクラン以外の工場へ振り分ける」と説明した。

同社によれば、テラタイが発生した同社の従業員寮では、23日までに約5,700人の入寮者全ての新型コロナ検査を終了した。保健省の勧告に従い、28カ所の生産施設の従業員全てにも検査を実施する意向だ。

イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)兼国防相は23日の会見で、同日までにトップグローブの従業員5,794人を対象に新型コロナの検査を実施し、1,889人の陽性を確認したと明らかにした。新規感染者は同日だけで1,067人に上った。政府は、クランにある28カ所の工場の従業員全てに検査を実施するため、段階的な工場の一時停止を同社に命じた。工場28カ所の従業員は約1万3,000人とみられる。

保健省は、23日までにテラタイから2,524人の陽性患者を確認した。内訳はマレーシア人が164人、外国人が2,360人で、年齢は2~68歳。その多くがトップグローブの従業員としている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

21年の新車市場57万台と予測 自動車協会、60万台水準は来年か(01/22)

首都圏などの活動制限令、来月4日まで延長(01/22)

新規感染3170人、KL最多の576人(01/22)

RM1=25.7円、$1=4.03RM(21日)(01/22)

マレーシア航空の債務再編実施、英司法承認(01/22)

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験(01/22)

空港MAHB、今年の設備投資は4億リンギ(01/22)

20年4Qの航空交通権、申請は前期比3.6倍(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン