武漢に在外公館設置へ、日本=2年以内目指す

【北京共同】日本政府が中国湖北省武漢市に在外公館を開く準備を本格化させたことが23日、分かった。日中外交筋は今後2年以内の開設を目指していると明らかにした。世界で初めて新型コロナウイルスの感染が拡大した武漢から邦人を退避させた経緯などがあり、機運が高まっていた。…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

20年の財政収入3.9%減、支出は2.8%拡大(17:29)

新型コロナ感染54人、3日連続で100人下回る(18:32)

20年新車市場、前年の2割減 今年は「コロナ前」超を期待(01/28)

テイクオフ:先週末の夜、我が家の最…(01/28)

20年のスマホ販売が1割減に 約604万台、今年5G普及期へ(01/28)

春節の「過剰自粛」を抑制 発改委、地方の追加政策認めず(01/28)

国家開発区の総合評価、1位は蘇州工業園区(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン