• 印刷する

北部のホテル稼働率、11月は40%まで回復

タイ・ホテル協会(THA)北部支部のライアット支部長は、チェンマイおよび北部8県のホテルの客室稼働率が11月に入り40%まで回復したと明らかにした。政府の国内旅行振興策と気温低下の相乗効果で観光客が増加しているもよう。ターン・セータキットの最新号が報じた。

7~10月は新型コロナウイルス感染症の流行の影響もあり15%程度にとどまっていたが、11月は北部観光が好まれる涼しい日が多く、観光客が増加した。観光客の集中する山間部のホテルの稼働率は60%に伸びているという。

タイ政府は7月に旅行費用の40%を補助する国内旅行振興策「ウィー・トラベル・トゥギャザー」を導入。来年1月末まで継続されることが決まったため、12月も引き続きホテルの稼働率が上昇すると見込む。航空燃料の物品税引き下げも決定しており、航空運賃の値下がりによる観光促進効果も期待できると述べた。

北部チェンマイ空港のマタヤン副ディレクターによると、同空港の現在の利用者数は1日当たり2万2,000人。コロナ流行前の4万人の50%以上に回復した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

第2波対策の給付金を承認、7300億円規模(15:07)

テイクオフ:タイ政府が国家目標とす…(01/20)

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

電動車の新規登録が13%増 コロナ下でも堅調、中国勢も開拓(01/20)

二輪タイヤND、宅配向けの需要取り込み(01/20)

市中感染158人、首都西郊で138人(19日)(01/20)

アストラゼネカ製ワクチン、週内に承認へ(01/20)

トヨタ、自動車の定額利用サービスを開始(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン