• 印刷する

テイクオフ:中国で販売される新モデ…

中国で販売される新モデルにはネット接続可能なディスプレー搭載車も多い。先週開幕した広州モーターショーでは、複数の中国系新興メーカーのモデルがディスプレー部分を埋め込みとせず、タブレットのように独立させて設置しているのが目にとまった。

画面が大きいだけでなく、スマホのような感覚で使えることが特徴。純正のカーナビより自分のスマホを運転席で使用するドライバーも多い中国では、この「独立タブレット式」の方がなじみやすいのか。新技術もさることながら、市場に合わせた工夫も中国系の得意とするところだ。

中国市場は移り変わりが激しい。会場で日系メーカー関係者に話を聞くと「変化についていくのに必死」としつつも、「われわれも変わっていかなくてはいけない」と力を込めた。モーターショーは、このような各社の細かい技術や工夫を発見するにもいい機会だ。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

20年新車市場、前年の2割減 今年は「コロナ前」超を期待(01/28)

テイクオフ:先週末の夜、我が家の最…(01/28)

20年のスマホ販売が1割減に 約604万台、今年5G普及期へ(01/28)

春節の「過剰自粛」を抑制 発改委、地方の追加政策認めず(01/28)

国家開発区の総合評価、1位は蘇州工業園区(01/28)

20年の工業企業利益4.1%増、プラス転じる(01/28)

サングレー空港拡張、比中連合の受注撤回(01/28)

本土に拠点置く製造業の役割強調、工業総会(01/28)

港湾コンテナ取扱量、20年は1.2%増(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン