統一超商、6億元で基隆の用地を取得

台湾のコンビニ最大手「セブン―イレブン」などを運営する統一超商(プレジデント・チェーンストア)は、基隆市暖暖区の土地を購入する計画だ。投資額は6億4,200万台湾元(約23億5,000万円)で、工商時報によると、物流拠点の建設に充てるとみられる。 セブン―イレブン向けの商…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料建設・不動産運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コンテナ不足に対応、交通部が複数施策(11:56)

テイクオフ:「天竺鼠車車って知って…(01/25)

米企業9割弱が台湾経済楽観 「黄金期入り」の声も(01/25)

ハイテク各社が再び防疫強化、域内感染受け(01/25)

ペガトロン、iPhoneミニの受注3割減か(01/25)

宏捷、5.2億元でクリーンルーム設備購入(01/25)

バックライト2社、域内外で生産能力を増強(01/25)

鴻海と拜騰、EV量産を今年末に前倒しへ(01/25)

郭台銘氏、「台湾EV発展の鍵は電池」(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン