• 印刷する

オメガセイキ、冷蔵装置付き三輪車を開発

インドの複合企業(コングロマリット)アングリアン・オメガ・グループ傘下のオメガ・セイキは19日、輸送用の冷蔵システムを手掛けるトランス(Trans)ACNRとの提携を発表した。冷蔵システムを搭載した電動貨物三輪車を共同で開発する。PTI通信が伝えた。

オメガ・セイキはオメガ・セイキ・モビリティーを設立して電動三輪車事業に参入し、今年1月に初となる電動貨物三輪車の発売を発表していた。トランスANCRとは、電動貨物三輪車用の冷蔵システムと断熱ボックスのプロトタイプの開発に取り組む。

アングリアン・オメガ・グループのウダイ・ナラング会長は、「コールドチェーンのラストマイル配送(購入者の手元までの配送)車両を提供することを目的に、トランスANCRと協力できることをうれしく思う」とコメントしている。

オメガ・セイキの電動貨物三輪車は、企業間取引(BtoB)や電子商取引(EC)での利用を想定している。冷蔵システム付きの車両で、新型コロナウイルスのワクチンを含む医薬品、生鮮品、生花などの輸送を担う狙いという。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料医療・医薬品運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者2人増、印製ワクチン調達検討(01/20)

テイクオフ:インターネットの普及に…(01/20)

21年の日系昇給率8%予測 未定4割、人件費増が切実な課題(01/20)

米GM工場の労組、補償求め退職案を拒否(01/20)

車各社が値上げ、製造コスト上昇で(01/20)

車部品ヒーロー、英同業の株式取得(01/20)

マザーサン傘下企業、トルコ同業を買収(01/20)

国営コンテナ、東西間で鉄道輸送を開始(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン