銀行がハイブリッド勤務推進 最大手DBS、4割在宅へ

シンガポールの銀行業界で、在宅と出社を組み合わせた「ハイブリッド型」の勤務体制を恒常的に取り入れる動きが広がっている。最大手DBSグループ・ホールディングスは、全行員に対して勤務時間の最大4割を在宅勤務に充ててもらう方針を打ち出したほか、地場UOB銀行や外資銀…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の7~9月期、6割超が収益改善(16:46)

新規感染662人、変異株の感染確認(6日)(16:33)

MRT横断線の西部支線、11駅設置へ(15:37)

テイクオフ:日曜の午前10時前、都…(12/07)

衣料品交換サービスで収益化 新興企業、コロナ下の需要掴み(12/07)

日立金属、科技研の共同研究に7億円追加投資(12/07)

オムロン、遠隔医療サービス社と提携(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン