【ASEAN戦略】医療業務のデジタル化需要狙う ユビー、ポストコロナ見据え

人工知能(AI)を使った医療機関向け業務効率化サービスを提供するUbie(ユビー、東京都中央区)は、ポストコロナ時代に東南アジアで医療業務のデジタル化需要が拡大するとみている。8月にはシンガポールに海外初拠点を設立。問診や診察の時間を減らすことで、作業効率化や医療…

関連国・地域: シンガポールインド日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ一色に染まっ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

設備投資が12年ぶり高水準、コロナ禍も好調(01/21)

業界団体と商工会、公正な雇用慣行実現で協力(01/21)

米社が特別会社設立計画、東南ア企業買収へ(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

豪首相、今年中の海外旅行再開に意欲(01/21)

富士通アジア、就労時間の最大9割在宅可能に(01/21)

電力SP、重慶エネルギー会社の株式取得(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン