RCEPが3業種に打撃か 石化・紡織など、空洞化の恐れも

日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15カ国が15日に「地域的な包括的経済連携(RCEP)」に調印したことを受け、RCEPに参加していない台湾では、悪影響が域内産業に広がるとの警戒感が出ている。中でも、石化や紡織、工作機械の3産業への打撃が大きい…

関連国・地域: 中国台湾韓国オセアニア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車化学繊維鉄鋼・金属IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

新型コロナ感染者、850人に(18:04)

TSMC、21年3兆円弱投資 前年比最大6割増、先端工程強化(01/15)

米シスコ、新北にア太初のソフト開発拠点(01/15)

通信衛星開発に40億元、25年打ち上げ(01/15)

合勤、ノルウェー国営通信と5G網で提携(01/15)

微星、21年のノートPC出荷量は2桁増目標(01/15)

ネクストミーツ、台湾市場で代替肉商品展開(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン