• 印刷する

Fジェン、LNG基地建設で豪系企業と契約

フィリピンのロペス財閥系発電大手ファースト・ジェンは13日、完全子会社のFGEN・LNGがオーストラリア系の土木建設企業マコーネル・ドーエル・フィリピンと液化天然ガス(LNG)輸入基地の設計・調達・建設(EPC)契約を結んだと発表した。

FGEN・LNGが東京ガスと共同で進めるLNG輸入基地事業の第1期として、ファースト・ジェンがバタンガス市で運営する「クリーン・エナジー・コンプレックス」内で陸上のガス受け入れ設備を建設するほか、既存の桟橋を多目的桟橋に改修する。年内に着工する見込み。

マコーネルは1998年に今回改修予定の桟橋を建設しており、FGEN・LNGは先に、同社をLNG基地建設の優先交渉権者に選んでいた。

FGEN・LNGのLNG輸入基地は2022年7~9月期にも稼働する予定。


関連国・地域: フィリピンオーストラリア
関連業種: 建設・不動産天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン