英国政府が遺憾表明、少数民族投票できず

8日に実施されたミャンマーの総選挙について、英国政府は9日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャをはじめとする少数民族が投票できなかったことを遺憾とする声明を発表した。 声明では、2020年の総選挙はミャンマーが軍事独裁政権から民主政権の国家へ移行する上での重要な節目で…

関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

NLD代表委、公務員にCDM参加呼びかけ(16:00)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(14:14)

外国商議所、軍政代表らとの面会を拒否(13:31)

新規感染16人、検査は1600件どまり=4日夜(13:28)

シンガ外務省、ミャンマーへの渡航中止勧告(12:58)

シンガ金融庁、ミャンマー関連で注意喚起(11:49)

国軍がドル資産にアクセス、米連銀が阻止(11:48)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(09:15)

国軍包囲網築けず、対立激化 死者50人超、都市部は小売店閉鎖(03/05)

デモ38人死亡、クーデター後最多に(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン