• 印刷する

輸入食品包装の消毒を強化、コロナ予防で

中国国務院(中央政府)は9日、低温物流で扱う輸入食品について、国内で最初に人が触れる前に、商品の包装を徹底して消毒しなければならないとするガイドラインを公布した。

山東省徳州市で7日、天津市経由で輸入した冷凍食品の包装から新型コロナウイルスを検出。関連企業の従業員を調べたところ、天津の輸入冷凍食品を扱う企業で商品の積み卸し作業員が新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

これまでは新型コロナの感染リスクが高い国や地域から輸入される低温物流食品について、包装の消毒が求められていたが、今後は低温物流の輸入食品は全てウイルス検査と消毒を徹底する。輸入食品の安全を確保すると同時に、輸入貨物が滞留しないよう通関手続きの効率化を進めるよう求めている。

■PCR検査の質保証へ監督指針

国務院は同日、新型コロナウイルスのPCR検査を実施する検査施設の質に関するガイドラインを公布した。一部地方では検体の検査を外部機関に委託する方式をとっていることから、管理を強化する。

ガイドラインでは検査機関を選定する際、実験室や室内環境をチェックした上で委託契約を結ぶよう定めたほか、各地の衛生当局による受け入れ検査機関の調査頻度を高め、少なくとも月1回は外部精度管理調査を行うよう求めている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪1Qの対中輸出が21%増、輸入制限尻目に(18:16)

李首相が米企業家と会談、巨大市場アピール(17:13)

テイクオフ:思っていたよりも大勢の…(04/14)

1~3月の貿易額38%増 輸出5割増、コロナ反動で(04/14)

ネット企業の地位乱用を根絶へ、当局表明(04/14)

ディスプレーの材料や設備、輸入関税を免除(04/14)

消費促進キャンペーン、5月開催(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン