• 印刷する

総選挙の結果は受け入れる=国軍総司令官

ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官は8日、同日実施された総選挙の結果を受け入れると表明した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が同日伝えた。

総司令官は8日、首都ネピドーの選挙区で投票した際、「民意の表れである選挙結果は当然受け入れなければならない」と指摘。「国民の怒りや不安を軽減することが重要だ」と語った。国軍側は、総選挙を前にした2日、総選挙が公正に進められていないとして、選挙管理委員会の運営と国民民主連盟(NLD)政権の監督責任を追及する声明を発出。両者の対立が高まっていた。

ミン・アウン・フライン国軍総司令官は、NLDと対立関係にある国軍系野党・連邦団結発展党(USDP)の支持を念頭に、「民族、宗教、教育を重要視し、国軍と協力できる政党を支持する」と話している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

クーデター翌週に輸入75%減 社会不安が影響、輸出減は限定的(03/04)

域内圧力効果なく犠牲者30人近く、国軍暴走(03/04)

ミャンマー外相と呼称せず、ASEAN2国(03/04)

ミャンマー国連大使、正統性訴え=米も支持(03/04)

外務省、2月末の大型人事は「定期異動」(03/04)

ウィン・ミン氏を新たな容疑2件で訴追(03/04)

AP通信カメラマン訴追、デモ取材で(03/04)

デモ参加者など1200人超拘束、クーデター後(03/04)

ウッドサイド、天然ガス開発事業を見直しへ(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン