• 印刷する

投資誘致の新政策、今月に発表へ

ミャンマー政府は月内にも、新たな投資誘致策を発表するもようだ。経済協力開発機構(OECD)の協力で行った誘致策の見直しに基づくもので、調査作業は6月に完了していた。見直しは、今回で2回目。ミャンマー・タイムズ(電子版)が3日伝えた。

投資・対外経済関係省とOECDは、インフラ整備や、環境保護と経済成長などを両立させる「グリーン成長」を支援する投資枠組み、土地所有権の明確化、経済特区の役割の強化などを重点的に調査。その上で、さらに多くの投資を誘致するために改善が必要な政策、改革などを特定した。

OECDは2回目の調査について、「国連の『持続可能な開発目標(SDGs)』の達成に向けた外国投資の役割にも重点を置いた」と説明した。タウン・トゥン投資・対外経済関係相は先に、経済特区と工業地域の増設を進めるとともに、企業に対する優遇策なども拡充する方針を示している。

OECDの協力による第1回目の見直しは2014年に実施され、投資法や会社法の成立につながった。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

週明けからワクチン接種開始、22日到着(13:49)

NLD、第2次政権の主要人事リストを作成(13:27)

新型コロナの死者3000人超に=21日夜(12:49)

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

〔寄り道〕政府が連日発表する新型コロナウイルスの…(01/22)

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減(01/22)

新規のコロナ感染確認、478人=20日夜(01/22)

マンダレーの農産取引所、4カ月ぶり再開(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン