下半期に東南アで70店舗追加 米靴メーカー、デジタル化も促進

米カジュアルシューズ大手のスケッチャーズが、東南アジアで積極的に事業展開している。新型コロナウイルスの影響で小売店の多くが苦戦を強いられる中、事業のデジタル化で新たな顧客を開拓しているほか、今年は下半期(7~12月)に70店舗を新規出店する計画だ。スケッチャーズ・…

関連国・地域: タイマレーシアシンガポール
関連業種: その他製造IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

建設会社の安全性、簡単にチェック可能に(17:51)

リサイクル工場火災、業者に25万ドルの罰金(17:46)

暗号資産取引iSTOX、日系から資金調達(17:35)

新規感染15人、市中は1人(22日)(17:26)

コロナ下でシェア事業の需要増 カークラブ、人との接触回避で(01/22)

企業の4割、21年は採用増=人材会社調査(01/22)

島津製作所、PCR検出試薬キットを販売(01/22)

シンガポール航空、コロナ検査予約を試験運用(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン