25年に水素車20万台普及、現代自と政府協力

韓国完成車最大手の現代自動車が韓国政府と手を組み、2025年までに水素燃料電池車(FCV)20万台の普及を目指す。水素を充塡(じゅうてん)する水素ステーションなどインフラ設置を急ぐほか、関連制度を整備して同年までに現在よりも1,000万ウォン(約91万円)安くFCVを購入で…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者559人、10日ぶり500人超(18:08)

テイクオフ:日本の第35回童謡こど…(01/27)

20年成長率はマイナス1% 通貨危機以来で初、コロナ響く(01/27)

コロナ感染者354人、死者は11人増(01/27)

サムスントップが再上告断念、実刑が確定(01/27)

JACホワイトカラー求人、前期比2%減(01/27)

サムスンが省電力有機EL、動画需要に対応(01/27)

国外退去命令の外国人、93%は中国人=入管(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン