イスラム教のコロナ患者対応で病院職員不足

マレーシア・サバ州のイスラム医療福祉協会、プルサトゥアン・クバジカン・イスラム・プルバタン・サバ(Perkips)によると、新型コロナウイルスの感染者が急増している同州の病院で、イスラム教に則った患者や死者の扱いができる病院職員が不足している。国営ベルナマ通信…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界の株式市場が記録的…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

外国人労働者の検査義務開始 日系企業に目立った混乱なし(12/02)

新規感染1472人、ス州で891人(12/02)

RM1=25.6円、$1=4.08RM(1日)(12/02)

ジェトロ、日本食材のオンライン商談会(12/02)

タタサンズ、エアアジアへの出資拡大を計画(12/02)

11月の製造業PMIは48.4、5カ月連続低下(12/02)

ASEAN共通の通関システムが正式稼働(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン