「専利」出願が3期連続減少 コロナで海外法人の低迷続く

知的財産権を管轄する台湾経済部(経済産業省)智慧財産局(智財局)によると、台湾での「専利(発明に関する特許、実用新案登録、意匠登録)」の2020年第3四半期(7~9月)の出願数は前年同期比0.4%減の計1万8,895件だった。3四半期連続の減少。新型コロナウイルス感染症の…

関連国・地域: 中国台湾日本米国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:語学検定を受けるため、…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

航空業の純損失百億元超へ 今年予測、貨物が一部穴埋め(12/02)

環球晶、12インチ製品の生産がフル稼働(12/02)

力積電、「向こう5年はウエハー需給逼迫」(12/02)

大聯大、21年の半導体市場を楽観視(12/02)

友訊科技、インドで生産委託を検討(12/02)

元太科技が中国社と提携、電子ペーパー応用(12/02)

台北大がアマゾンと提携、クラウド人材育成(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン