FADO、新興国輸入を支援 越境ECの実態と規制強化(下)

ベトナムのミックゾーングループは、越境電子商取引(EC)プラットフォーム「FADO」を展開する。同サービスでは、越境ECを通じて中国製の商品が流入することが多い中、米国や日本など先進国からの個人輸入を支援。カンボジア向けでも取扱件数が多く、インドネシア市場も開…

関連国・地域: 中国ベトナムカンボジアインドネシア日本米国
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

双日、1次産業でDX促進 「豚ネット」を開始、基盤構築へ(11/25)

T&T、合弁でICDロジセンター着工へ(11/25)

BCG、トゥードゥック区で複合施設を着工(11/25)

明泰、ベトナム工場が来年2Q稼働へ(11/25)

ノバランド、ホーチミン市に大型ギャラリー(11/25)

ホーチミン市不動産市場、今後10年の注目点(11/25)

建設省、ハノイ建設総公社株を競争入札へ(11/25)

宝飾DOJI、TP銀株8%まで買い増しへ(11/25)

画像AIのモルフォ、PCR検査を共同開発(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン