• 印刷する

テイクオフ:コスプレや仮装をした若…

コスプレや仮装をした若者がばか騒ぎする光景が日本で恒例となった10月末。当地では仮装は子ども向けといった趣で、お化けやゾンビの格好をした子どもたちが、オフィス街で親と歩いている姿をよく目にした。

フィリピンのカトリック教徒にとって、この時期は日本のお盆に相当する。諸聖人の日と死者の日に合わせて故郷に帰り、亡くなった家族や先祖を敬う。期間中は墓地周辺に屋台が並び、お祭り状態の場所が増える。墓を前に家族でピクニックやカラオケ大会などに興じ、にぎやかに過ごすのが当地らしい。

新型コロナウイルスの影響で、今年は首都圏の墓地が期間中、終日閉鎖される。遠方への移動もできない状況だ。4年前にがんで最愛の妻を亡くした知人は、毎年心待ちにしていたという故郷カピス州への墓参りを断念した。外出・移動制限が解除され、家族が再び集まれる日はいつになるだろうか。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イベント開催一部容認、安全対応も必要に(12/04)

コロナ感染新たに934人、計43万6345人(12/05)

コロナ感染新たに1733人、計43万8069人(01:33)

20年GDP9.5%減に下げ 政府予測、コロナの影響深刻(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

コロナ感染新たに1061人、計43万5413人(12/04)

10月の失業率8.7%、一段と改善(12/04)

マニラ首都圏、子どものモール入館認めず(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン