• 印刷する

テイクオフ:当地ではワン・タイム・…

当地ではワン・タイム・パスワード(OTP)が広く使われている。電子決済をするときや、有料ウェブページを見るときなどに、その操作をしている人が本人であるかどうかを確認する手段として、電話番号にショートメッセージで数字が送られてくる。そのとき限り有効なパスワードで、打ち込むと操作が完了する。

自分のアカウントを他人に不正に使われるのを防ぐ便利な方法と思ってきたが、場合によっては困ったこともあるらしい。日本に一時帰国した知人によると、登録しているインドの電話番号が事情により日本で使えなくなったところ、OTPを受け取れず、電子決済ができなくなったという。

新型コロナ対策の全土封鎖から7カ月。一時的に国外に住んでいる人は今も多く、時差や物理的な距離に加えて、OTPを通じてインドとの壁を感じている人も少なくないようだ。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウルトラテック、増産に548億ルピー投資へ(15:22)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

プラスチック業界、原材料高騰で規制要請(12/04)

筆記具業界、需要減と税制混乱で二重苦(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

地場物流オム、プネに新たな倉庫施設を設置(12/04)

石油公社、AP州で169億ルピーの投資計画(12/04)

フェニックス、商業施設開発でGICと提携(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン