タイヤ輸出拡大に期待 中国への課税で恩恵、日系も増強

インドのタイヤ輸出が増加する見通しだ。世界有数の天然ゴムの産地で強固な産業基盤があるという強みに加え、米国や欧州連合(EU)が中国製のタイヤ製品に反ダンピング(不当廉売、AD)関税を課したことで、輸出の機会が拡大。日系では横浜ゴムが先ごろ、農業機械用などのタイ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数日前、結婚してロンド…(12/01)

統計史上初の景気後退入り 成長率、本年度はマイナス見通し(12/01)

マヒンドラ傘下の双竜、出資協議が難航(12/01)

TVS車サービス社、M&M傘下の同業買収(12/01)

電動二輪、タクシーとしての運用可能に(12/01)

ビンテージカー登録義務化を検討、道交省(12/01)

認証取得ヘルメットのみ許可、来年6月から(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン