• 印刷する

ドンドンドンキ8号店、30日に南部で開業

PPIHは、シンガポール南部ハーバーフロントに「ドンドンドンキ」の同国8号店を開業する(写真は8号店が入居する商業施設、PPIH提供)

PPIHは、シンガポール南部ハーバーフロントに「ドンドンドンキ」の同国8号店を開業する(写真は8号店が入居する商業施設、PPIH提供)

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は30日、シンガポール南部のハーバーフロントにアジア向けのブランド「ドンドンドンキ」の同国8号店を開業する。

海外事業持ち株会社であるパン・パシフィック・リテールマネジメント(シンガポール)を通じ、大型商業施設「ハーバーフロント・センター」内の3階にオープンする。売り場面積は1,404平方メートルで、食品や酒類、日用消耗品、家庭雑貨品、衣料品、家電、玩具などを取りそろえる。

日本産の青果や店内で調理した総菜、握りたてのすしなどシンガポールで人気の高い商品を提供。流行に敏感な地元客向けに化粧品コーナーも設置する。

ハーバーフロント・センターの都市高速鉄道(MRT)最寄り駅であるハーバーフロント駅には、北東線と環状線(サークルライン)が通っている。ドンドンドンキが環状線沿いに出店するのは初めて。駅直結の好立地のため、多様な客層の来店を想定している。

PPIHは2017年12月、繁華街オーチャードの商業施設「オーチャード・セントラル」にドンドンドンキのシンガポール1号店を出店。その後も中心部や西部で相次いで出店してきた。

「ドンドンドンキ」ブランドではこのほか、タイで2店、香港で4店を展開中だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染4人、市中感染はゼロ(27日)(17:42)

サービス業売上高、3Qは回復もマイナス圏(17:54)

外食キムリー、コロナ禍でも通期は25%増益(16:20)

NTUCの旅行保険、コロナ感染も補償(16:07)

英家電ダイソン、製造やR&D事業を拡充(15:39)

10月の製造業生産、一転急落 電子低迷とバイオ医療鈍化で(11/27)

ジョ州国境鉄道の国内工事、五洋建設に発注(11/27)

格安スクート、機内サービスをデジタル化(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン