福岡市が脱炭素化を支援 「コロナ後」復興へAI企業と

福岡市が、ミャンマー最大都市ヤンゴンの脱炭素化を支援する。人工知能(AI)スタートアップのグルーヴノーツ(福岡市)などと組み、ヤンゴン市のごみ回収車800台の廃棄物回収ルートの最適化に向けた調査を実施する。新型コロナウイルス感染症の収束後を見据え、市や日本企業が持…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ、新たに1400人余り感染=1日夜(19:34)

国軍が停戦を年末まで延長、テロ地域除く(20:34)

「投資誘致へ土地改革を」 OECD、登記簡素化など提言(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

コロナの累計感染者、9万人突破=30日夜(12/02)

タイPTT合弁事業など5件認可、投資委(12/02)

10月の新規雇用は4500人、前月から半減(12/02)

総選挙の投票率は72%、選管発表(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン