中国6社を宣伝機関に認定、米国務省

【ワシントン共同】米国務省は21日、中国メディア6社を新たに「中国共産党の宣伝機関」と認定し、米国で活動する従業員や保有資産の届け出を義務付けると発表した。米国内の大使館などと同様、外交使節団に指定し管理を強化する。中国側の反発も予想される。 ポンペオ国務長官は…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一時帰国中の日本で、正…(11/25)

AIや5Gで世界をけん引 インターネット大会で成果強調(11/25)

みずほが日台半導体会議、TSMCが講演(11/25)

南部州に再エネ機器到着、中国政府の支援(11/25)

PLN、グラブ・車メーカー3社とEV促進(11/25)

日中往来が月内再開、ビジネス対象(11/25)

明泰、ベトナム工場が来年2Q稼働へ(11/25)

中国ロボット市場、今年は販売増に転換へ(11/25)

中朝貿易が記録的減少、コロナ対策の国境封鎖で(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン