9月消費者物価1.4%低下、前月から横ばい

マレーシア統計局が21日発表した2020年9月の消費者物価指数(CPI、10年=100)は120.1となり、前年同月比で1.4%下落した。マイナスは7カ月連続で、下落幅は前月から横ばいだった。交通分野がマイナス9.9%となり全体を下押しした。 CPIを構成する12項目のうち、3項目…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品繊維建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

集客力は一等地から生活圏へ コロナで変化、ジェトロセミナー(12/04)

新規感染1075人、ス州459人で最多(12/04)

RM1=25.6円、$1=4.07RM(3日)(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

国民車好調、11月販売は2社そろって2桁増(12/04)

2国間高速鉄道、凍結期限前に両国首相会談(12/04)

IWK売却、水道ランヒルに資産査定打診か(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン